肺気腫とともに

アクセスカウンタ

zoom RSS 肺気腫のブログ

<<   作成日時 : 2015/03/14 16:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

前から言っているように肺気腫患者のブログは少ない。極めて少ない。
その中に、「ぬくもり工房 京昌」というのがある。2008年から続いているから結構長いが、その中で、
肺気腫の記事が出てくるのはわずか2回である。
約1700回の中で2回である。
サラリーマンをしていて、途中で定年になり、自営で農作物を作り、楽天に出したり、自家販売しながら結構そこそこやっていたようである。
私は肺気腫で農作物を作るのは大変だろうからどうしているのか時々コメントを入れ、様子を聞いていたが、苦しいなりに休み休み仕事に取り組んでいるようで、よくやれるものだと感心してた。
サラリーマンとして八王子に住み。東京まで通っておられた。
都市交通は大変でアップダウンが激しく、歩く距離も結構長い。
東京のサラリーマンの出勤時の歩くスピードは大阪に次いで速いそうで、それによく合わせられるものだと思うことしきりだったが、そのエネルギーがあるから農業も出来るのかもしれないと考えていた。
それがインフルエンザにかかり、突然急性増悪になり、死にそうな目にあった と言う記事がこの前に出た。
肺気腫のことが書かれるのは三回目である。
2005年に肺気腫の診断を受けておられるようだから、丁度10年目である。
私より15歳ぐらい若い。
風邪は治ったが肺の戻りは思うに任せないようだから、農業の継続は前のようにはいかないかもしれない。
在宅酸素5年だそうである。
私と同じクリニックに通う83歳の方も酸素歴5年で、安静時で2Lだが農業をしている。
パルスオキシメーターも持たず、苦しいかどうかの判断で休んだり、働いたりするようだ。
人生いろいろで肺気腫もいろいろ。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはいつも有難うございます、ブログ読ませていただいております。
肺気腫の方でも農作業をされている方、結構おられるみたいですね、ブロ友さんのお兄さんも酸素も何もしていなくて農業!
家の近所のマーケットの店員さんのお父さんも農業だそうです、その方はHOTなんだけど農作業で使わない
でも先日入院したと仰っていました、

私などこれで農業しなさいと言われても絶対出来ないと思います、
その方たちとどこが違うのでしょうね、

ないちゃんさんもお元気のご様子ですね、今から暖かい春になって少し過ごしやすくなりそうですね。
お元気で、お過ごしくださいね。
小亀315
2015/03/17 15:31
ありがとうございます。
私の思うところは農業を小さいときから長らくされていたので、コツみたいなものを会得しており、こうすれば苦しい 苦しくないを本能的に区分して作業が出来ているのが一つ、もう一つは今の農作業は露地では耕耘機、稲刈り機 苗植機など器械が中心で、ハウスではもともときつい農作業は少ないようです。
要は自動車の運転による買い物とよく似た程度の仕事量がが結構多いからだと思います。
だが収穫物の持ち運び、肥料など重い物もあるので、それは家人などにやってもらってるのではないかと思います。
83歳の人もこちらで多いミカン作りは絶対出来ないといわれていました。
ミカン栽培地は傾斜地です。何もせずともアップダウンで青息吐息だからだそうです。
ないちゃん
2015/03/19 09:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
肺気腫のブログ 肺気腫とともに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる