肺気腫とともに

アクセスカウンタ

zoom RSS ロフルミラスト

<<   作成日時 : 2015/04/18 08:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もう4年前になるが、ロフルミラストについて書いたことがある。
情報は2008年に医薬ジャーナルで紹介されたのを初め、肺気腫に対して期待感を抱かせる断片的なニュースが寄せられていた。
しかし、試験が重ねられるにつれて、だんだん期待に添えないような結果が出てきだした。それでも初めて書いた2011年にはある程度期待される薬品として書かれている。
しかしそれから2年後の13年には、そう期待はできないが、アメリカで承認されたので日本でも間もなく売り出されるだろうと書いた。
そして1年半の月日が流れ去ったが、まだ日本では承認されないままだ。
重症 最重症患者の急性増悪を押さえるとか言われているが、疑問を呈する向きもあり、日本では承認されないままになる可能性がある。
期待されて、試験が進むにつれて期待ががしぼんでいく。
新薬ではそうしたことが繰り返されているのが肺気腫の歴史のようだ。
今も肺気腫の治療薬は世界中で膨大な新薬が試験中みたいだが、果たして期待できそうなものがあるかどうかはっきりしない。
自分に間に合わないことはわかっているが、後生の人たちが同じ苦しみをするのは避けて欲しいものだ。
大いに古いが、ケネディ大統領が、10年以内に月に人を送り込む と宣言したが、当時は難しいと言われたが達成された。
それから10年後、ニクソン大統領はガン撲滅宣言を行ったが、それ以降、もう少しで半世紀になろうとしているが、全く達成されていない。
これだけで言うのは論理的でないことはわかっているが やはり疾患のなかには、科学の粋を結集しても、難しいものがあるということだろう。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロフルミラスト 肺気腫とともに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる