肺気腫とともに

アクセスカウンタ

zoom RSS 腸内フローラ

<<   作成日時 : 2015/06/08 17:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大分前から腸内フローラという言葉が良く聞かれるようになった。
フローラは春 花 豊穣の女神のようだが、花畑という意味でも使われ、言葉の響きもいいものだから、女性を中心によく使われるようになったのだろう。
これが聞かれる背景には、きちんとした科学的な根拠はまだないが、健康増進に関係することが濃厚であること。
このことは例えば 明治のR−1という乳酸菌飲料が、数年前、風邪を予防するということで、売り場から消えるほど売れたこと。それが腸内フローラを改善し、そのため免疫力が上がり、風邪を予防するという理論構成がなされたことなどがあげられる、もとより科学的な証明はないのだが・・・・。
世界的に研究が進められていること。
改善するためには、食物繊維 乳酸菌飲料 オリゴ糖などを採ることがよさそうであることなどある程度方法がわかりつつあること。
肥満防止 美肌効果 皮膚の若返り 便秘解消など女性が飛びつきそうな効果があるかもしれないこと。
高価なものは手が届きにくいが、食物繊維では不溶性ならビール酵母 それでも高いと思われるなら小麦ふすまやおから粉末なら1kg500円と安く手に入り、水溶性ならイヌリン1kgが2千円で手に入る。
オリゴ糖も安いものなら1kg500円である。乳酸菌飲料は好き好きなので自分の好みのものを飲めばいいが、そう高くはない。
ただ腸内フローラを改善しても肺気腫に効果があるという記事はあまり見かけない。
だが免疫力を上がるというのが事実なら、風邪などを引きにくくなり、それが急性増悪の減少という効果を出すかもしれないなど間接的には効果があるのかもしれない。
がん 心臓や脳などの血管系疾患 糖尿病などなどにも効くのかどうか、
研究が待たれる。でもこちらの命は待ってくれそうもない。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腸内フローラ 肺気腫とともに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる