再び桂 歌丸

歌丸師匠がまた入院された。 1日に褥瘡で入院。手術して10日に退院されたようだが、食べられないため、体力が低下し、再度入院となったようだ。 普通褥瘡は床ずれであるから、寝たきりの方がかかる疾患であり、例え病気でも寝たきりでしかも自力で寝返りが難しい人がかかるものだと思うが、勿論例外はあり、寝たきりでなくてもかかる場合があるみたいだ。…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

若年性肺気腫

前に高齢者のことを書いたので今度は若い人のことを書く。 若年性肺気腫などというと若者がかかる肺気腫のように思われるが、もともと肺気腫は高齢者の疾患であるから、若年性といっても55歳以下で発症する肺気腫を若年性肺気腫というと決められている。 肺気腫患者は何万人いるのかははっきりしないが、530万人とも言われ、治療を受けている患者は22…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高齢者

大分前に高齢者を現在の65歳から70歳あるいは75歳に定義しなおされるようになるだろうと書いたことがあったが、どうも現実のものになりそうだ。 高齢者を65歳以上と決めたのは国連が1956年に報告の中で述べたものがいつの間にか定着したらしく、どこかで決定されたというものではないらしい。 当時の寿命は男性で64歳 女性が68歳だったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腸内フローラ

大分前から腸内フローラという言葉が良く聞かれるようになった。 フローラは春 花 豊穣の女神のようだが、花畑という意味でも使われ、言葉の響きもいいものだから、女性を中心によく使われるようになったのだろう。 これが聞かれる背景には、きちんとした科学的な根拠はまだないが、健康増進に関係することが濃厚であること。 このことは例えば 明治の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅酸素

今年は在宅酸素が保険適応となり、多くの方に利用されるようになって30年の節目の年に当たる。 この在宅酸素、医療費としては月75千円程度である。 3割負担だと月2万円をだいぶ超えて負担しなければならない。 これが安いか高いかは何に比べるかだが、例えば透析だと医療費は月40万円程度だと言われる。 これをまともに3割負担すると12万ぐ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more