若年性肺気腫

前に高齢者のことを書いたので今度は若い人のことを書く。 若年性肺気腫などというと若者がかかる肺気腫のように思われるが、もともと肺気腫は高齢者の疾患であるから、若年性といっても55歳以下で発症する肺気腫を若年性肺気腫というと決められている。 肺気腫患者は何万人いるのかははっきりしないが、530万人とも言われ、治療を受けている患者は22…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more