続き

前回少しレスベラトロールとビタミンCについてきつく書きすぎた気がしないでもない。
効かない と言いきったが正確には効くという証明がない の方が正しいからだ。
レスベラトロトールにしても、出来れば特定保健用食品 いわゆるトクホの名前ぐらいは付けたかっただろうが、そのためには、効く という証明を消費者庁に提出して、そのOKをもらわなければならない。            でも出来なかった。長寿遺伝子に働きかけて、遺伝子を活性化し、長寿をもたらす から肺気腫もその一つである慢性炎症性疾患に効果があるといった大きなものから、小さなものまで証明できなかったのだ。
仕方なく一般健康食品として売り出されているが、一定の販売はあるようだから、それはそれとしてそっとしておくべきだろう。
ビタミンCも同じで風邪にも効かない というのが定説になっているが、「私には効く」という人もいるので、これもそっとしておくべきだろう。
で いよいよ骨粗鬆症治療薬が果たしてCOPDに効くのかとうか、素人なりに考えているが、これが難しい。
生兵法は大けがの元を承知の上、考えているが、まだわからないだらけだ。もう少し時間を掛けて考えてみよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック